アップル歯科クリニック

  • お電話でのお問い合わせはこちら 0280-31-6480
  • お問い合わせ

症例ブログ

30代男性「歯ぐきの腫れ、出血、着色が気になる」虫歯と歯周病の治療を優先した後にエアフローでクリーニングした症例

2022年12月15日 (木)

ご相談内容

「歯ぐきの腫れ、出血、着色が気になる」とご相談をいただきました。

 

Before

After

 

カウンセリング・診断結果

お口全体に着色汚れがあり、特に前歯の裏側にタバコのヤニが多くついており、患者様ご本人も一番気にされていました。虫歯は軽度でしたが、歯周病は重度まで進行しており、歯ぐきの腫れが強く出血もありました。
患者様からお話を伺ったところ、「コーヒーやお茶をよく飲み、タバコは1日20本ほど吸う。歯医者は小学生以来」とのことでした。

着色汚れを落とすための治療は歯ぐきが腫れた状態のまま行ってしまうと、痛みや出血を伴うこともあります。
そのため、虫歯と歯周病をきちんと治療して歯ぐきの腫れが引いてから、最後に着色汚れを取り除くという治療の流れが最適と診断しました。

 

 

行ったご提案・治療内容

まずは歯ぐきの腫れと出血を治すために虫歯と歯周病の治療を優先し、歯ぐきが引き締まってから、水と空気とパウダーをジェット噴射して着色や汚れを取る「エアフロー」でのクリーニングをご提案したところ、ご了承をいただきました。

一番多かったタバコのヤニ汚れはエアフローでは落ちにくいものの、噴出する強さの微調整を行いながら丁寧に進めました。
虫歯治療と歯周病治療を計画的に行うことができ、歯ぐきの炎症が落ち着いたタイミングでエアフローを実施したところ、歯ぐきへの負担を抑えることができ、出血も抑えることができました。

 

 

術後の経過・現在のご様子

歯の色がワントーン上がった印象を受け、さわやかなイメージとなり、とてもきれいに仕上がりました!
患者様にも、見た目の変化に喜んでいただき、私共も大変うれしく思います!

タバコをよく吸われる患者様でしたので、エアフローを定期的に行うことで、細菌やバイオフィルム(歯垢が口腔内に長時間たまって膜のようになったもの)などの再付着を防ぎ、着色しにくくなることをご説明し、6ヶ月ごとのクリーニングをおすすめしました。

 

 

この治療のリスクについて

・歯石が付いたままだと、十分な効果が得られない可能性があります。
・歯周病が進行している場合は、歯ぐきに負担をかけないために歯周病治療を実施する場合があります。

 

 

年齢・性別:30代男性

 

診療種別:自由診療

 

治療期間の目安:1日

 

治療費総額の目安

エアフロー上下:初回3,000円

※2回目以降5,000円

カテゴリー: 未分類


CONTACT

  • 0280-31-6480
  • お問い合わせ

医療法人社団 輝歯会 アップル歯科クリニック

〒306-0021 茨城県古河市松並2-18-10マーケットシティ古河 内
TEL 0280-31-6480

診療時間
9:00〜13:30
15:00〜19:30

▲日曜日は 9:00〜12:30 14:00〜17:30
【休診】年末年始ほか

Copyright (C) Apple dental clinic,all rights reserved.

お問い合わせ