アップル歯科クリニックホームページ
はじめにインプラントとは入れ歯との違い骨の厚みのない方

インプラント治療

アストラティックインプラントの使用
アップル歯科クリニックでは、世界で最も信頼度の高いインプラントのひとつであるアストラテックインプラントを使用しております。より安全な治療を目指し、必要に応じてCT撮影し、口腔外科医とのチーム医療も行っております。
こんな風に思われていませんか

「歯なんて年齢を重ねると抜けていくのはしょうがないよ。」

「両親も総義歯なもので、自分もいつかは歯が抜けていってしまうのはしょうがない。」

「1本や2本歯が抜けたところで、痛くもないし今までどおりに食事できるからそのままで放ってあるよ。別に痛くもないし。」

「入れ歯作ってしっかり入れているから、私はまだまだ大丈夫。」

 


わかってきたこと

歯が抜ける原因の第1位は歯周病と、かみ合わせの負担による歯のぐらぐらからきます。歯を支える骨や歯茎が弱って抜けてしまいます。全体の6-7割程度と言われています。

虫歯で歯がなくなって抜歯にいたるケースです。 全体の2-3割程です。

残りが、噛む力によって歯が割れたり、外傷で歯をなくしたりするケース。 1割程度です。

ほとんどの方が50歳以降に歯がぐらぐらして抜けてしまうと、言われています。

更にもともと28本ある歯のうち20本以下に減ってしまったり、 奥歯の噛み合わせがなくなった頃から途端に、抜ける頻度・ スピードが上がることも、よく臨床の現場では目の当たりにします。

 

昨今の歯科医療では、予防歯科の分野が非常に注目されており、 歯周病でも予防が1番と言われています。不幸にしてなくなってしまった歯。それを出来るだけ被害の少ないうちに、 元の状態にもどしていく治療がインプラント治療です。

インプラント治療をすることにより、かみ合わせ全体の支える力が増えていきます。 それによりお口の崩壊を食い止める治療が今注目されています。自分自身においても、インプラント治療をするようになってから、 かなり幅広いケースに対応することが出来るようになりました。

今最も力を入れている分野です。

 


Copyright Apple dental clinic Allrights Reserved.