アップル歯科クリニック

  • お電話でのお問い合わせはこちら 0280-31-6480
  • ご予約・お問い合わせ

インプラント・義歯

インプラント治療って何?

インプラント治療って何?インプラント治療とは、人工歯根を顎の骨に埋め込んで歯を補う治療方法です。食べ物を直接天然歯で噛んでいるかのような歯ごたえが得られ、取り外しや洗浄の必要がありません。人体が拒絶反応をほとんど起こさないチタン製のインプラントを用いるため、金属アレルギーのある方でも適応ができます。

数回の手術が必要となり、傷跡が治癒する時間もかかるため、治療が完全に終わるまでにある程度の期間を要します。毎日のケアと定期的なメンテナンスによって、長くインプラントの品質を保つことができます。

歯が抜けた状態を放置すると、お口全体に影響することも

歯が抜けた状態を放置すると、お口全体に影響することも自然と歯が抜け落ちるのは、乳歯の生え変わりの時だけではありません。重度の歯周病でも食事などの際に、ポロリと抜け落ちることがあります。

歯が抜けてしまった状態で「1本抜けても、他の歯で噛めるから」という理由で、放置してはいませんか?実は、歯を抜けたままにしていると、後で厄介な影響がお口全体に及ぶことがあるのです。

歯が抜けたままでいると起こること

  • 向かい合う歯が伸び、両隣の歯が倒れこんでくる
  • しっかり噛めないまま飲み込んでしまうため、胃に負担がかかる
  • 噛み合わせが悪化する
  • 顎の骨が吸収してしまう
  • 発音がしにくくなる
歯が抜けたままでいると起こること

しっかり噛むことが健康にとって重要に

しっかり噛むことが健康にとって重要に時々、歯を失っても他の歯で噛むことでやり過ごしている方をいらっしゃいます。ご本人は何とか噛めていると思っていても、実際には全ての歯がある状態と比べると咬合力は低下しているのです。 歯を失い、食べ物を細かく咀嚼できなくなってしまうと、咀嚼による脳への刺激をも失ってしまいます。咀嚼は脳を活性化させ、認知症などのリスクを軽減させると言われています。

これを取り戻すには、歯を補う治療を行わなければなりません。歯を補う治療は、脳の活性化を再度可能とし、体全体の健康を維持するためにも重要なのです。

歯を補う3つの選択肢を比較


歯を補う治療法にはブリッジ、入れ歯、インプラントがあります。それぞれ、長所と短所がありますが、一番咬合力が高いのはインプラントです。3つの治療法の特徴を以下にまとめました。

メリット デメリット 噛む力
ブリッジ ・短期間で治療ができる
・固定されているので、
ずれない
・隣の健康な歯を削る必
要がある
・支えとなる両隣の歯に
負担をかける
約60%
入れ歯 ・短期間で治療ができる
・保険で治療ができる
・留め金が目立つ
・口に合わないと痛みや
違和感がある
約20%
インプラント ・しっかりと噛める
・見た目が天然歯と変わ
らない
・他の歯に負担をかけ
ない
・治療に時間がかかる
・日ごろのケアとメンテ
ナンスが必要
・費用がかかる
約80%

インプラントの特徴

  • 自分の歯と同じような感覚で噛む事ができます
  • 食べ物の感触がよくわかります
  • 周りの歯を傷つけません
  • きれいに仕上がります
  • 顎の骨が痩せるのを防ぎます
インプラントの特徴

インプラント治療の流れ


インプラント治療の流れインプラント治療は人工歯根と歯槽骨の結合を待ってから人工歯冠を装着するという順番で行います。歯根破折などで抜歯となった場合は、その日の内に抜歯窩(抜歯してできた穴)に人工歯根を埋入します。

それによって、傷が治るのにかかる半年近い期間が短縮でき、治療の回数も減らすことができます。外科治療が苦手な患者様には、静脈内鎮静法という麻酔法を行います。歯科麻酔医が立会い、安全な状態の下で治療が受けられます。

歯槽骨に穴を開けます

歯槽骨に穴を開けます

インプラント治療を行う箇所の歯槽骨に穴を開けます。インプラントが挿入できるよう、ドリルを使います。

インプラント埋入

インプラント埋入

穴を開けた箇所にインプラントを挿入します。

固定まで待つ

固定まで待つ

インプラントの上部にキャップをし、歯槽骨とインプラントの表面部分が結合するのを待ちます。これには数か月間かかります。。

型採り

型採り

インプラントが安定したら、キャップを外し、アバットメントという支台を装着します。次に被せ物の型採りをします。

人工歯の装着

人工歯の装着

人工歯の製作が完了したら、それをアバットメントの上に装着します。これでインプラント治療は終了です。

患者様に優しいインプラント治療を

患者様に優しいインプラント治療を当院では傷の治りが早いCGFを用いた再生療法、痛みの少ない治療を採用し、患者様に優しいインプラント治療をこころがけております。CGFは完全自己由来のゲルで、骨の量を増やす際の蓋として使用します。治りが早いということは、術後の痛みや腫れも少ないということです。その分、患者様の負担が軽減されています。

インプラント治療は外科処置を伴うため不安なこともあるかと思いますが、しっかりと麻酔を効かせたうえで手術を行いますので、ご安心ください。

アップル歯科のインプラント治療の特徴
  • CTを撮影し、顎の構造を精密検査
  • 症例に応じて口腔外科と連携して治療
  • 麻酔科立会いの下、麻酔(別途料金)を行うため安心
  • CGFを用いて、術後の痛みを減少させ、傷の治りを促進させる

入れ歯(義歯)は1本から全ての歯まで補います


入れ歯(義歯)は1本から全ての歯まで補います入れ歯(義歯)とは、人工の歯肉と歯によって欠損歯を補う治療です。部分的な欠損を補う部分入れ歯(部分床義歯)と、片顎全ての歯を補う総入れ歯(全部床義歯)があります。入れ歯を装着することで咀嚼がしやすくなり、効率的な消化を助けます。また、歯のない箇所を物理的に補うため、歯並びの悪化を防ぎます。歯並びが悪化してしまうと食べにくくなるだけでなく、

歯磨きがしにくくなり、むし歯や歯周病リスクも高まります。抜歯処置になったら、なるべく間を空けずに継続して入れ歯やインプラントなどの歯を補う治療を受けることをお勧めします。

入れ歯の特徴

  • 手術を必要としない
  • 保険が適用される
  • 短期間に歯を補うことが出来る
  • 自費診療のより高品質な入れ歯もある
入れ歯の特徴

入れ歯の種類

保険の入れ歯

保険の入れ歯部分入れ歯、総入れ歯共に保険適用が可能です。設計や調整の工程が限られていますが、引っ越したときなどに他院でも相談しやすいということがメリットです。しかし、プラスチック製で厚みがあるため、装着時や咀嚼時に気になることがあります。

コンフォートデンチャー

コンフォートデンチャー1本用の部分入れ歯から総入れ歯まで様々な症例に対応する、柔らかい入れ歯です。生体用シリコーンが裏側を覆っていて、硬い部分が歯肉に当たらないため、装着時の痛みを防ぎます。割れにくいため薄く製作することができ、食事や発音において違和感があまりありません。

スマイルデンチャー

スマイルデンチャーナイロン系ポリアミド樹脂製の部分入れ歯で、高い弾力性を持ち、お口に優しく適合します。素材が柔らかく、金属のバネがないため、お口の中を傷つける心配がありません。金属を使用していませんので、金属アレルギーの方にも安心です。

入れ歯治療の流れ


型採り

型採り

印象剤を付けたトレーを口の中に入れて型採りを行います。

模型作製

模型作製

型採りしたものに石膏を流し込み、模型を作製します。

咬合採得

咬合採得

噛み合わせを確認し、上下の顎の位置を決めます。

配列試適

配列試適

人工歯を並べ、噛み合わせや安定性を見ます。

完成

完成

床の部分をレジンに置き換えたら入れ歯が完成です。装着してみて、調整を行います。

CONTACT

  • 0280-31-6480
  • ご予約・お問い合わせ

医療法人社団 輝歯会 アップル歯科クリニック

〒306-0021 茨城県古河市松並2-18-10マーケットシティ古河 内
TEL 0280-31-6480

診療時間
9:00〜13:30
15:00〜19:30

▲日曜日は 9:00〜12:30 14:00〜17:30
【休診】年末年始ほか

Copyright (C) Apple dental clinic,all rights reserved.

初めての方 24時間WEB予約