アップル歯科クリニック

  • お電話でのお問い合わせはこちら 0280-31-6480
  • お問い合わせ

症例ブログ

9歳女の子「歯並びが気になる」お口周りのトレーニング(あいうべ体操)と上あごを広げる拡大装置や矯正器具を使用して歯並びを改善した症例

2022年12月15日 (木)

ご相談内容

「歯並びが気になる」とご相談をいただきました。

 

Before

After

 

カウンセリング・診断結果

診察したところ、左上の歯ぐきに、あごの骨の中に溜まった膿が出て行く穴である「サイナストラクト」が見られました。これにより、左上の乳歯(第1乳臼歯/D)が手前の歯(乳犬歯/C)に向かって生えており、今後、永久歯(左上第1小臼歯/4番)がうまく誘導されず、正しい位置に生えない可能性がありました。

また、上あごは深く高さがあり、本来上あごに触れているはずの舌が下がってしまう「低位舌」の状態でした。そのため、口呼吸や、上あごがうまく成長できず歯が並ぶスペースが不足して、歯並びの悪さにつながっていました。将来的に噛み合わせや歯並びが悪くなり、虫歯の発生リスクが高くなる可能性もお伝えしました。

他にも、上の前歯の歯ぐきにあるスジ(上唇小帯)が歯に近い「上唇小帯付着異常」が見られました。この影響で永久歯の前歯2本(左右中切歯/1番)が、ハの字に開いて生えてきていました。
上唇小帯は、ブラッシングの際に邪魔になるため磨き残しにつながり、虫歯や歯周病の原因にもなるため、切除を検討する必要があることをお話ししました。

下の前歯(左右中切歯/1番、左の側切歯/2番)もねじれて生えていました。

 

 

行ったご提案・治療内容

上あごは、横幅(歯列弓)を広げてスペースを確保する固定式装置「急速拡大装置」と、あごの骨を前下方へ成長させて高さを抑える装置「前方牽引装置」を用いた治療をご提案。また、下あごは針金を曲げて左右の奥歯に引っ掛け、歯の裏側に沿わせてアーチ状にして用いる矯正器具「リンガルアーチ」での矯正をご提案しました。

急速拡大装置を使うと、高かった上あごも低くなるため、舌が上あごに触れている正しい位置に改善できます。あわせて、舌や唇などお口周りの筋肉のトレーニング「あいうべ体操」に取り組んでいただきました。あいうべ体操は、口を閉じやすくし、低位舌を改善して気道を広げることで鼻呼吸を促し、矯正後の歯並びの後戻りを防止できます。

 

 

術後の経過・現在のご様子

現在はまだ治療途中ではあるものの、低位舌が改善されて気道が広がり、上あごも広く浅い形になってスペース不足はほぼ解消されました。
また、 上あごの骨が前方へ正しく成長したことにより、上唇小帯付着も切除せずに済みました。
今後も定期的に経過を観察していく予定です。

この治療のリスクについて

・矯正中は発音しにくい場合があります。
・歯の移動に伴って、お口の中で違和感や痛みを感じる場合があります。

 

 

年齢・性別:9歳女の子

 

診療種別:自由診療

 

治療期間の目安:3年10か月

 

治療費総額の目安

初期費用:430,000円
処置料:5,000円/月

カテゴリー: 未分類


CONTACT

  • 0280-31-6480
  • お問い合わせ

医療法人社団 輝歯会 アップル歯科クリニック

〒306-0021 茨城県古河市松並2-18-10マーケットシティ古河 内
TEL 0280-31-6480

診療時間
9:00〜13:30
15:00〜19:30

▲日曜日は 9:00〜12:30 14:00〜17:30
【休診】年末年始ほか

Copyright (C) Apple dental clinic,all rights reserved.

お問い合わせ