アップル歯科クリニック

  • お電話でのお問い合わせはこちら 0280-31-6480
  • お問い合わせ

症例ブログ

20代女性「下の前歯が上の前歯よりも前に出ているのが気になる」親知らずを抜歯してスペースを確保し、透明で目立たない「ワイヤー矯正」で反対咬合を改善した症例

2023年1月13日 (金)

ご相談内容

「噛み合わせたときに下の前歯が上の前歯より前に出ているのが気になる。矯正治療できれいになるか相談したい」とご来院いただきました。

 

Before

After

 

カウンセリング・診断結果

拝見したところ、上の前歯よりも下の前歯が前に出てしまう「反対咬合(はんたいこうごう)」で、噛み合わせが悪くなっていました。

また、左の上下と右下に親知らず(第3大臼歯/8番)があり、歯がきれいに並ぶためのスペースが不足していました。

患者様にカウンセリングをしたところ「なるべく目立たないように矯正したい」とのことでした。

 

 

行ったご提案・治療内容

まず歯を動かすのに必要なスペースを確保するため、親知らずの抜歯の必要性をご説明しました。
特に下の親知らずに関しては、撮影したCT画像をお見せして、抜歯後に痛みや腫れなどの症状が出る可能性があること、患者様の負担や不安が少なくなるよう努めることを丁寧にお伝えし、患者様に安心していただいた上で抜歯しました。

 

その後、四角いボタンのような小さい装置(ブラケット)を歯の表面に付けてワイヤーを通し歯並びを整える「ワイヤー矯正」を行いました。
その際、ブラケットの色は透明にし、目立ちにくいよう工夫しました。

矯正治療中は歯やあごの動き方により治療期間が多少変わってくること、場合によっては親知らずの他に永久歯を抜歯する可能性があること、治療後は歯の後戻りを防止するためにマウスピース型の装置を付けてもらう必要があることなど、矯正に関するリスクや注意点も都度ご説明し、患者様の同意を得ながら治療を進めました。

 

また、矯正中は歯並びの状態が変化するため、定期的なブラッシング指導と歯石除去などのメンテナンスを行い、虫歯が発生しないよう注意しました。

 

 

術後の経過・現在のご様子

患者様が前向きに協力してくださったため、治療開始から3ヶ月と比較的早い段階で前歯の歯並びに改善の兆しが見られ、想定より早い1年3ヶ月で反対咬合が改善され良好な噛み合わせになりました。

患者様からは「治療中は装置が外れることもなく、歯が動くときの痛みもわずかで日常生活に支障なかった。健康的できれいに整った歯並びになってとても嬉しい」とお喜びいただきました。

私たちスタッフ一同も、患者様の素敵な笑顔を拝見することができ大変嬉しく思っています。

 

 

この治療のリスクについて

・矯正治療中は発音しにくい場合があります。
・他の矯正治療と同様に、正しく歯磨きやメンテナンスを行わない場合は虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

 

■年齢・性別
20代女性

 

■診療種別
自由診療

 

■治療期間
約1年3ヶ月

 

■およその費用
総額:758,000円
カウンセリング料:3,000円
ブラケット装置料(透明):700,000円
処置料(毎月):5,000円×11回

カテゴリー: 未分類


CONTACT

  • 0280-31-6480
  • お問い合わせ

医療法人社団 輝歯会 アップル歯科クリニック

〒306-0021 茨城県古河市松並2-18-10マーケットシティ古河 内
TEL 0280-31-6480

診療時間
9:00〜13:30
15:00〜19:30

▲日曜日は 9:00〜12:30 14:00〜17:30
【休診】年末年始ほか

Copyright (C) Apple dental clinic,all rights reserved.

お問い合わせ