アップル歯科クリニック

  • お電話でのお問い合わせはこちら 0280-31-6480
  • ご予約・お問い合わせ

歯の豆知識

二次う蝕

2018年2月22日 (木)

患者様から、「銀歯でもむし歯になるんですね?」と言われることがあります。

今回は、これについて話します。

過去にう蝕(むし歯)を治療した歯において、修復した周囲から再び始まるう蝕のことを二次う蝕と言います。

二次う蝕も、う蝕そのものですから、放置しておけば、どんどん進行してしまいます。

以前の修復物を取り壊して、もう一度はじめから修復し直すか、二次う蝕になったところだけを部分的に修復するか、

は、う蝕の状態によります。

二次う蝕の具体的な状況を列挙しておきますので、ご自分で心当たりがあれば、お気軽に相談してください。

●前歯につめた歯科用レジンの周りが黒くなってきた。

●前歯につめたものがはずれてカタカタ動いている。

●奥歯につめたもののふちが舌にさわる。

●つめてある歯がしみるようになってきた。

●歯と歯の間を楊枝でつつくとズブッと突き刺さって痛い。

●奥歯につめたインレーのところで噛むとグチュグチュいう。

●かぶせた歯の縁に楊枝がささる。

●かぶせた歯のところを吸い出すと臭い感じがする。

●前歯のさし歯の継ぎ目のところにすきまができてきた。

などです。

これらが、必ずしも二次う蝕というわけではありませんが、かぶせてしまえばもうむし歯にならないというのは、誤解です。

かぶせたところやつめたところの境目は、汚れが付きやすく磨き残しやすい場所ですので、とりわけ念入りにブラッシングの必要な場所と言えます。

カテゴリー: 未分類


CONTACT

  • 0280-31-6480
  • ご予約・お問い合わせ

医療法人社団 輝歯会 アップル歯科クリニック

〒306-0021 茨城県古河市松並2-18-10マーケットシティ古河 内
TEL 0280-31-6480

診療時間
9:00〜13:30
15:00〜19:30

▲日曜日は 9:00〜12:30 14:00〜17:30
【休診】年末年始ほか

Copyright (C) Apple dental clinic,all rights reserved.

初めての方 24時間WEB予約