アップル歯科クリニック

  • お電話でのお問い合わせはこちら 0280-31-6480
  • お問い合わせ

歯の豆知識

知覚過敏

2018年11月19日 (月)

最近は、シュミテクトのCMなどでご存知の方も多いと思いますが、冷たいものを口にふくんだ時にキーんと一瞬くる痛みが知覚過敏と言われるものです。

歯みがきをしっかりやってくれる方が増え、虫歯の数は減ってきてはいますが、その反面しみるんですという患者様が増えている気がします。

これは、歯茎が下がって、歯の根面が露出しているところに冷たいものなどなどが触れて起こります。特に、歯周病や歯の磨き過ぎによって、通常よりも歯の根の部分が見えていたり、削れてしまっていると、歯の内部の神経(歯髄)までの距離が近くなるので、刺激に対して敏感になり、それが痛みとして感じるのです。

特にしっかり歯磨きしようという意識の高い人ほど、力を入れて磨いた方が刺激があり、磨いた気がするので、ついつい力がはいりがちだったり、また、かためのハブラシを好んで使う方もいるかと思いますが、最近のハブラシはとてもよく考えられているので、あまり力はいりません。

特に知覚過敏になりやすい場所は、歯の頬側の根元のところですが、原因は歯ブラシを必要以上に押し付けすぎてしまうことにあります。

歯磨きの時には、大概、お口を開けて磨くことが多いですが、そうすると、頬と歯の間の空間が狭まり、頬に押されて歯ブラシがつぶれてしまいます。その状態で、磨くことで、歯ブラシを必要以上に押し付けすぎてしまうのです。頬が硬くあまり伸びない方は、特にです。

それを避けるには、歯の頬側を磨くときは、お口を閉じ気味にして磨いてみてください。

カテゴリー: 未分類


CONTACT

  • 0280-31-6480
  • お問い合わせ

医療法人社団 輝歯会 アップル歯科クリニック

〒306-0021 茨城県古河市松並2-18-10マーケットシティ古河 内
TEL 0280-31-6480

診療時間
9:00〜13:30
15:00〜19:30

▲日曜日は 9:00〜12:30 14:00〜17:30
【休診】年末年始ほか

Copyright (C) Apple dental clinic,all rights reserved.

お問い合わせ